第1話 メンテナンスをしっかりすると、車は何年乗れるのか?維持費も公開

生活実験

こんにちは!

この記事では、超長期にわたって車に関する疑問を検証していきたいと思います。

検証する疑問は

車は何年乗れるのか? 

車の寿命は、一般的に10年とか10万㎞と言われている一方で、
今の車は性能が良いからもっと長く乗れるという意見も見られます。

こういった議論は、ほとんどが机上の空論で、結局は前提条件次第で車の寿命も変わります。

同じ車でもしっかりメンテナンスされていれば、長く乗れますし、
まったくメンテナンスされていないと寿命も短くなります。

この記事では、「車は何年乗れるのか」という疑問に1つの具体例を提示すべく、
超長期間にわたって、車のメンテナンス状況や維持費を記録していきます。

 

前提条件

私は、2020年4月初旬に中古車を購入しました。

買った車はフリードです。

初度登録は平成23年3月
買った当時で9年落ちの車です。

走行距離は6万km

ディーラーの販売員さんによれば、前のオーナーは定期的にそこのディーラーに
メンテナンスをお願いしていたらしく、状態は悪くありませんでした。

購入してから3ケ月ほど経ちますが、今のところどこにも異常はありません。

使用環境

・年間走行距離 約1万5000km

・山道が多いため、シビアコンディション

・冬は雪を溶かす融雪剤によって、車の下回りが錆びるため、定期的な洗車が必要

 

メンテナンスリストを作る

元々、私は車にまったく関心がなかったので、定期的にエンジンオイルを交換しないといけないということも知りませんでした。

なんなら、ボンネットの開け方も知らなかったくらいです。

そんな状況を反省し、車を購入したのと合わせてメンテナンスリストを作成しました。

このメンテナンスリストを車に入れておき、交換時期を忘れないようにしています。

ネットにあった情報を拾い集めて作ったので、交換時期などが正しいのか不安もありますが、
このリストに沿って、メンテナンスをしていき、その過程をブログで発信していきたいと思います。

 

はじめてのエンジンオイル交換

最近、人生で初めてエンジンオイルを交換しました。

エンジンオイルとは
①各部を円滑に動かす潤滑作用 
②気密性を保つ密封作用 
③燃焼などで発生する熱を吸収して放出する冷却作用 
④燃焼によって発生した汚れを取り込む清浄分散作用 
⑤サビや腐食からエンジンを守る防錆作用

この5つの役割を持っており、車の心臓部であるエンジンを守る、車の消耗品の中で最も重要なもの
オートバックス「エンジンオイルの基礎知識」https://www.autobacs.com/static_html/shp/knowledge/oil.html 参考

今回は購入時から3000km走って交換しましたが、交換目安は5000kmが一般的なようです。

私も次回からは5000kmごとの交換で良いかなと思いました。

交換した場所はオートバックスです。
5000kmごとに交換すると、年3回はオイル交換をしなければいけません。

そう考えると、エンジンオイルをどこで交換するかは重要な問題です。

そこで、エンジンオイルが交換できるカー用品店を、貯まるポイントなどのお得度で比較してみましたので、こちらもご覧ください。

エンジンオイルの交換ができるカー用品店4社をお得度で比較
こんにちは! 車にはたくさんの消耗品があります。 その中で最も重要なのが、車のエンジンを保護するエンジンオイルです。...

交換したエンジンオイルは車の取扱説明書に書いてあったメーカー推奨のものです。

維持費公開

購入から約4カ月間の諸費用と維持費

2020/04/05~2020/07/12
車両 535,060
ガソリン 31,621
自賠責保険 22,210
任意保険 68,680
自動車税 39,900
自動車重量税 8,200
洗車 250
カー用品 6,299
オイル交換 5,498
717,718

車両購入と同時に、車検を受けたので、自賠責保険や自動車重量税も含まれています。

逐一、記事を更新するタイミングで維持費も公開していきたいと思います。

 

目標は今の車を2030年まで、約10年間乗ることです。

一般的に言われている、「車の寿命は10年」と比べると、19年間というほぼ倍の期間ですが、我が子のように丁重に扱い、コスパの良い車に育てあげたいと思います。

更新するタイミングは不定期です!

 

ではでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました